社会の思いやり

マザーテレサは「愛は、必要としている人を見つけた人の責任である。」と言っています。復盛グループは台湾で生まれて60年余り、社会で災害が発生したり、困っている社会的弱者のグループがあれば、惜しみなく積極的に援助を行っています。

感謝基金会(感恩基金会)を設立

創設者は、いつも泉が湧き出た場所を忘れず、その社会で受けた恩はその社会にお返しすると言う理念の下、2001年に感謝基金会を設立し社会的弱者の救済に尽力しています。毎年継続的に各種の公益慈善活動に参加し、政府の手の届かない所に手を差し伸べ、安定した環境下で成長できる努力をしております。

社会的弱者への援助

  • 児童福祉:読書教育の提供、学費等の補助、優れた活動への協賛等。
  • 青少年福祉:青少年の権利と利益についての教育、人生における職業、職場体験、補習、ボランティアや訓練、自立した生活の体験学習を通じて品格教育を行う。
  • 女性福祉:新移民/外国人配偶者、女性や困窮家庭等、社会的弱者への経済的補助、特技・技能の訓練、等。
  • 老人福祉:「老いを楽しむ」、健康で元気のある老後をポイントに入浴車、介護、食事提供、家屋修繕等を提供。
  •  障害者福祉補助:自宅、生活エリア、組織での介護サービス、生活再開サービス、各種支援サービス、個別管理、障害者職業再開、訓練等。

大型災害寄付活動

  • 2016年台風1号の災害への各種活動
  • フードバンクとの提携-緊急時食事支援の提供

その他の活動

  •  当社工場にて2009(民国98)年度経済部(経済省)中小企業処主催の「省エネ、低炭素化、模範体系研究会」を開催。供給チェーンが創る新付加価値アップの計画に協力し、各メーカーの教育訓練支出を減少させる。

環境のサステナビリティ

復盛社は消費者の需要を満たすと同時に、省エネ・低炭素化に取り組み、これを会社の経営戦略上の重要な中心的価値としております。気候変動によるエネルギー危機に際し、企業はこれを守る責任と義務があり、正面から積極的にこの気候変動に挑戦するべきと考え、当社は60年以上もこの競争と挑戦を続けてまいりました。卓越した企業を目指すと共に、環境保護についても重視することが我々の使命だと思っております。

グリーンプロダクト

当社は一貫して効率の良い、環境保護と省エネを考慮した製品を生産し、エネルギーの再利用も考慮したグリーン指標で経営を行い、エアコンプレッサー、冷媒コンプレッサーを製造する際にも、世界のエアコンプレッサーのトップブランドを目標にするだけではなく、優れた自然生態系、環境の保護を考え、後世に美しく豊かな世界を残すことに注力してまいりました。その結果、復盛が開発した省エネ製品は環境に優しい部品を使用し、企業活動による環境への影響を極力抑えています。

低炭素化生活

  • 全工場内で省エネ照明器具を使用
  • 社員食堂では全員が繰り返し使える食器、箸を使用
  • 各種ゴミ/生ゴミの分類、お昼時間中は消灯、クーラーの温度は最低26℃

親しみやすい職場

我々は「社員こそが会社の最も重要な資産」と考えています。当社は世界中に2,500名の社員を有しています。「社員は現地採用」の精神を実行するため、また企業の社会的責任を果たすため、現地での社員雇用率は約90%に達し、人こそ基本であると言う文化を育み、社員に対してはできるだけの待遇と安定的な就業環境、健全な管理制度を約束しています。

就業の機会を創り出す

    学術会と産学提携プロジェクトで研究を進める與學術界研究發展產學專案合作。
  • 政府の就業関連計画に参加し、学生に実習の機会を提供する。
  • よりお客様に近い提携会社の成長を促し、就業機会を提供していく。
  • 職業訓練局に協力し職業訓練生に就業の機会を提供する。

平等で差別の無い職場環境

  • 社員の人権を重視し、互いに尊重し、差別のない職場環境を創る。
  • 政府が推進する障害者雇用政策に協力し、現時点で障害者の雇用率は1%を達成。彼らの自立更生に協力し、生活を安定させる。。

Cookies:

We use cookies to optimize this website and continuously update it according to your needs. Please click on “Cookies” for detailed information on the use of cookies on this website. If you click “OK”, cookies will be activated. If you do not want cookies to be activated, you can opt out here . The settings can be changed at any time under “Cookies”.